読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gitコマンドについて調べる【git checkout】

git checkout

ブランチを切り替えるコマンドです。

subversionを使用していた方は、チェックアウトというとリモートからローカルにコピーするイメージですが、gitのチェックアウトは意味が違い、ブランチを切り替えるコマンドになりますのでお気をつけください。

$ git branch [変更したいブランチ名]

ローカルの作業ブランチを切り替えます。変更したいブランチがローカルに存在しない場合はブランチの切り替えをすることができませんが、リモートには存在していた場合はリモートからブランチを取り込み、その取り込んだローカルブランチに切り替えることができます。

Gitコマンドについて調べる【git branch】のエントリーでも書いたとおり、-bオプションをつけると、新しくブランチを作成してからそのブランチに作業ブランチを切り替えることができるので便利です。

# ブランチを新しく作成して切り替える
$ git checkout -b [新しく作成するブランチ名]

ファイルの変更を取り消す

$ git checkout [変更を取り消したいファイル]

git checkoutの後にファイル名を指定すると、指定したファイルの現在の修正を取り消し、最後のコミットの状態まで戻します、変更はしたけどもう一度最初からやり直したい場合になどによく使います。

すべてのファイルを強制的に元の状態に戻すには-fオプションを使います。

$ git checkout -f