エンジニアのアウトプットについて社内勉強会で発表した

だいたい月に1回ほど福岡拠点のエンジニアが集まってtech talkというイベントをしていて、今回エンジニアのアウトプットというテーマで発表した。

前職はアウトプットすることが企業理念の1つとして入っている会社だった。社員みんなアウトプットを意識している中で私も働き、アウトプットすることで成長してきた部分もあると感じているので、今一度アウトプットの良さについて自分なりに噛み砕いて資料にしてみた。

speakerdeck.com

今のところアウトプットは自己成長を目的にするというのが根底にある思っている。自己成長の効率をより高める手段として、他人に見えやすいようにアウトプットすることでフィードバックをもらったり評価を受けたりすることが良いのではないかという話。

周りの同僚の反応はなかなかよかったが、自分としてはもう少しデザインをよくしたかった。個人的に、エンジニア向けの登壇資料だから字ばかりでも伝われば大丈夫みたいなのは今後はあまりやらないようにしようとしていて、何か発表するならできるだけデザインもこだわって資料を見ただけで伝わるように作っていこうと思っている。デザイナーさんにデザインを教えてもらうぞー。