読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GMOペパボに入社しました

退職エントリ(?)を書くのは初めてですが書いてみます。

7/1よりGMOペパボに入社しました。ムームードメインの開発をします。

現在29才ですが転職は3回目

大卒で新卒の会社に入社し、SIerとして3年勤めました。ほぼプログラマでしたがそこでWEBのシステム開発に初めて携わり、インターネットでサービスを提供する楽しさを味わいました。1年目で「Javajavascriptはどど、どう違うんですか!?!?」とドヤ顔で質問したことは今でも覚えています。先輩方のひきつっていた顔は忘れられない。

2社目というか、次はフリーランスになりました。ホームページをデザインして自分でコーディングして売ってました。建築の仕事で図面書いたり3D画像作ったりもしました。夜中までわいわい仕事してめちゃくちゃ楽しかったですが楽しいだけで全くお金にならず1年半で限界がきました。あれは仕事といえるものでもなかったかもしれないですが、この時期が一番人生勉強になりました。お金を稼ぐって大変。毎月お給料払っている会社ってすごい。

そして前職、エンジニア派遣で医療系システム開発を3年弱。GroovyやGit、markdown等が使われている現場だったのでいろいろ勉強になりました。

きっかけは勉強会に初めて参加したこと

2年ほど前、@kisさんが来ていたJava8の勉強会に参加しました。それが初めて参加した一般の勉強会でした。内容はちんぷんかんぷんでしたが、すごく楽しそうなエンジニアのコミュニティがあることを知りました。世の中にはすごいエンジニアさんがいっぱいいる!と衝撃を受け、いろんな人のブログとかTwitterとかを見るようになりどっぷりハマっていきました。そんなエンジニアさんがたくさんいるところで一緒に開発をしてみたい、というのがきっかけです。

なぜペパボに入社したか?

BtoCでWEBサービスを提供しているところで開発がしたかったです。技術的にどうこうではなく、少しでも多くの人や自分の身近な人達の役にたってるのを感じたいというのが一番大きかったです。自分自身フリーランス時代にロリポップムームードメインを使っていたのでまさかそれを開発する側になるとは、という感じですが素直に嬉しいです。

あと、この歳になって成長できそうだから、とかはあまりいいたくないですがスーパーエンジニアさんがいっぱいいるので勉強させていただきます。

転職にあたって1つだけ真面目な話

paiza.hatenablog.com

このエントリを見て、本当にそうだと思いました。

  • 自分のキャリアの棚卸し
  • 自分のスキルレベルを知る
  • 転職理由を明確にしておく

エントリの通り、上記3つが転職にあたっての最も大事な部分だと思います。その上で転職先でどう役立ちたいか、どう役立つことができるかを明確に描けているかどうかです。

勉強会に参加する前、エンジニアさんのブログやTwitterを見始める前までは、自身の市場価値がわかっていませんでした。自社の開発チーム内で活躍できていたとしても技術はどうしても業務寄りに偏ってしまうし、転職するにあたってアピールできるものが何なのかがわからず曖昧な転職理由になることが多いと思います。そういう意味では転職時に提出する履歴書、職務経歴書は自分を振り返るチャンスでもあるので、しっかり理由・根拠のあるものにしないといけないと思います。自分はこれまで結構な枚数書いたので何度も見つめなおしましたw

ということでがんばろう

Unixわからない、RubyPHPは仕事で使ったことがない、Macも仕事で使うのは初めて、そんな自分がどうなっていくのか楽しみです。一生勉強。