読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gitコマンドについて調べる【git branch】

Git

git branch

ブランチ名を一覧で閲覧できたり、新たにブランチを作ったりブランチを削除したりできるコマンドです。

ブランチの一覧を見る

$ git branch

git branchコマンドでブランチの一覧を見ることができます。 見ることができるのはローカルリポジトリに存在するブランチの一覧です。下のように表示され、現在編集中のブランチの左には「*」がマークされます。

$ git branch
  master
* example_branch

リモートブランチも見たい場合は-aまたは--allオプションをつければリモートブランチも見ることができます。

$ git branch -a
$ git branch --all

ただ、コマンド実行時にリモートリポジトリを検索して一覧を表示するわけではないので、最新のリモートリポジトリを取得したいのであればgit branch -aの前にgit fetchコマンドでリモートリポジトリの状態を取得します。

$ git fetch

新たにブランチを作る

$ git branch [ブランチの名前]

ローカルリポジトリに対して新しいブランチを作成します。ただ編集するブランチを新しく作成したブランチに自動的に切り替えてくれるわけはないので、編集するブランチを新しく作成したブランチに切り替えるにはgit checkoutコマンドを使用します。

$ git branch [作成するブランチ名]
$ git checkout [新しく作成したブランチ名]

新しくブランチを作成して新しいブランチに切り替える操作は、git checkout -bというcheckoutのオプションがあるのでそれを使用すると1つのコマンドで実現できます。

# 新しくブランチを作成して、作成したブランチに切り替える
$ git checkout -b [新しいブランチ名]

ブランチを消去する

$ git branch -d [消去するブランチ名]
$ git branch --delete [消去するブランチ名]

-d--deleteオプションを付けて消去したいブランチ名を指定するとブランチを消去することができます。現在の編集中のブランチは消去することができずerror: Cannot delete the branch '[ブランチ名]' which you are currently on.というエラーメッセージが表示されます。

また、masterブランチにマージされていないブランチは消去することができません。下のようなメッセージが出ます。

$ git branch -d example_branch 
error: The branch 'example_branch' is not fully merged.
If you are sure you want to delete it, run 'git branch -D example_branch'.

masterブランチにマージしていないブランチを消去するということは、そのブランチに対して行なった変更履歴をすべて失ってしまうということです。ですので消去することができないようになっています。それでも強制的にブランチを消去するには-Dオプションを使います。

$ git branch -D [消去するブランチ名]

オプション

-m--move

ブランチ名を変更することができます。

$ git branch -m [変更前ブランチ名] [変更後ブランチ名]
$ git branch --move [変更前ブランチ名] [変更後ブランチ名]

ただ、注意が必要なのが、リモートリポジトリから取得したブランチをリネームすると、リネーム前のブランチが消え、新しくブランチを作成した状態と同じになるので、そのままpushすると新しい名前のブランチが新しくリモートリポジトリに作成されます。リネーム前のブランチはリモートリポジトリにはそのまま残る点だけ注意してください。

-v--verbose-vv

ブランチの一覧を表示すると同時に、それぞれのブランチの現在の状態を表示します。

$ git branch -v
  master          e0b3ff6 modify readme
* example_branch1 b65374f new branch
  example_branch2 e0b3ff6 modify readme

-v--verboseは、ブランチの一覧に加えてそれぞれの最新のコミットの状態を見ることができます。ブランチ名の後にコミット番号、コミットログが表示されます。

上の例でmasterとexample_branch2の状態が同じなのは、example_branch2はmasterから新しくブランチを作成し、何も変更履歴がないため、同じコミットの状態になっているということです。

-vvをつけると以下の様な表示になります。

$ git branch -vv
  master          e0b3ff6 [origin/master] modify readme
* example_branch1 b65374f [origin/example_branch1] new branch
  example_branch2 e0b3ff6 modify readme

先ほどの一覧に[]で囲まれたリモートブランチ名が表示されます。それぞれのブランチがどのリモートブランチを追跡しているかを知ることができます。example_branch2にだけ表示がないのは、新しくローカルでブランチを切った後であるためまだ追跡ブランチがないということです。